本文へスキップ

  日本水産缶詰輸出水産業組合 ☆ 日本水産缶詰工業協同組合

Q&Areport

質問一覧

Q1 さば、いわし、さんま缶詰以外にどのような種類の水産缶詰がありますか。
Q2 水産缶詰はどうして常温(室温)で長期間保存可能なのでしょうか。
Q3 水産缶詰は100℃以上の高温で殺菌加熱されているとのことですが、それはどのようにして行われているのですか。
Q4 「レトルト釜」を使用し、高温で長時間殺菌すると、栄養素が一部失われませんか。
Q5 水産缶詰にはどのような殺菌料が使用されていますか。
Q6 水産缶詰にはどのような食品添加物が使用されていますか。
Q7 水産缶詰の缶の内面の塗料には、何が使用されていますか。
Q8 水産缶詰の賞味期限を教えて下さい。
Q9 水産缶詰を常温(室温)で長期保存する場合、どの様な場所に保存すれば良いのでしょうか。
Q10 賞味期限の切れた水産缶詰を食べても体に害はありませんか。
Q11 一度に食べ切れなかった水産缶詰の保存方法を教えて下さい。
Q12 水産缶詰の食べご頃を教えて下さい。製造直後ほど宜しいでしょうか。
Q13 水産缶詰に印字(又は刻印)されている賞味期限、年月日等を表示する缶マークについて教えて下さい。
Q14 長時間保存していた水産缶詰を食べることはできますか。
Q15 現在、日本水産缶詰輸出水産業組合(以下「水産缶詰組合」という。)以外に「輸出水産業組合」という名称のつく団体は、ありますか。
Q16 現在、水産缶詰組合は、どの様な全国団体に加入していますか。